法人向けクレジットカードだけを専門的に紹介するサイトです!

当サイトは法人・個人事業主向けのクレジットカードを厳選して紹介する専門サイトです。毎月の支払いを一本化できる、経理処理が大幅にラクになる、魅力的なポイントプログラム、出張時の手厚い補償など企業にとって大いにメリットがあるのが法人カードです。

総合人気ランキング

当サイトで人気の法人カードのランキングです。(2017年7月1日 更新)
尚、紹介しているカードの一覧はこちら→法人クレジットカード一覧表(年会費と特徴の概要)

【圧倒的人気NO.1!】
当サイトでダントツの人気はJCB法人カード 。ゴールド、一般カード共に初年度は年会費無料。さらにキャンペーンで最大5,000円分のキャッシュバック!

JCB法人カード

【特典1】初年度年会費無料
【特典2】キャンペーンで最大5,000円分のキャッシュバック!

ここ1,2年ずっと安定して人気NO.1なのはJCB法人カード。キャッシュバック型、ポイント還元型の2タイプから好みのカードを選択可能。ETCカードの複数枚発行もOKで社員数が少ない企業も多い企業にも対応しています。

JCBゴールド法人カード

ダントツの人気NO.1!常に安定した人気のJCB法人カード

中小企業、個人事業主の方に一番オススメなのはJCBゴールド法人カード。キャッシュバック型とポイント還元型の2タイプから選択でき、年会費以上のメリットをすぐに受けることのできる秀逸な仕様。社員に持たせて仮払い申請や経費精算の煩わしさを解消する目的でもバッチリ。ETCカードの複数枚発行も可能(年会費無料)です!。入会キャンペーンも大変お得です。

カード名 年会費 限度額 ETCカード
JCBゴールド法人カード 10,000円+税
初年度無料
公式サイト参照 無料
複数枚発行OK
JCB一般法人カード 1,250円+税
初年度無料

今、JCB法人カードでは3つのキャンペーンをやっていて、全部満たすと最大5,000円分のキャッシュバック!初年度年会費も無料。ネットからの申し込み限定です。

  1. 2017年9月30日(土)までに申し込み、2017年10月31日(火)までにカード発行された方全員に3,000円分のJCBギフトカードプレゼント(ゴールド・一般カードどちらもOK)。
  2. 使用者追加で最大2000円分のJCBギフト券をプレゼント!
  3. 携帯料金・公共料金の支払いをこのカードですると抽選で10,000円がキャッシュバック。

申し込みはこちら

JCB法人カードの詳細

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド

設立1年未満でも審査に通りやすい!

設立から期間が浅いけど法人カードが欲しい方の最有力候補はこのアメックス・ビジネスゴールド。ステータス性もあり接待や会食の時にも堂々と使える嬉しいカード。年会費は31,000円(税抜)と少し高めだが、東京駅から23区内のホテルへ、無料で手荷物を当日配送、空港ラウンジ、エアポート送迎サービス、帝国ホテル東京内の会員専用のビジネスラウンジ「ミーティング・スクエア」の利用、旅行傷害保険(海外最高1億円、国内最高5,000万円)など付帯サービスは充実。ゴルフ場の予約やチケット手配にも強い。
年会費以上の価値は充分あります。ステータス性を求める人からの支持も高い。管理人も愛用しています!当サイトからお申し込みで初年度年会費31,000円(税抜)が無料

年会費 限度額 ETCカード
31,000円+税 審査により個別に決定 500円+税/枚

アメックス・ビジネスゴールドの付帯サービスの一部

1 東京駅から23区内のホテルへ、無料で手荷物を当日配送してくれるサービス
2 ビジネス・ダイニング by ぐるなび
コンシェルジュがレストラン予約を対応。会食や接待のお店選びから予約までの負担がなくなる
3 国内航空機遅延費用
国内の航空便が遅延・欠航したことで発生した宿泊費や食事代などの費用を補償
4 手荷物無料往復配送サービス
海外への出発時、帰国時ともに手荷物を配送してくれるサービス。出発時も使えるのはかなりありがたい! 成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港に加えて「羽田空港(国際線)」でも利用可能
5 提供する空港ラウンジを無料で利用。国内28空港39ヶ所、海外2ヶ所。(同伴者も1名まで無料)
6 帝国ホテル東京の会員専用のビジネスラウンジ「ミーティング・スクエア」を無料利用。新規顧客や重要取引先との商談に使えば圧倒的に良い印象を演出できる。気分転換にここで仕事をすることも可。
7 旅行傷害保険
海外旅行保険最高1億円(自動付帯)、 国内旅行保険最高5,000万円(利用付帯)
8 カード利用によって貯まったポイントは、ANA、キャセイパシフィック等のマイルに交換できる
9 他にもまだまだ有益な特典・付帯サービスあり。付帯サービス、特典は詳細ページで解説しています
  1. 当サイトからお申し込みの方は、初年度年会費31,000円(税抜)が無料に!
  2. 入会初年度に200万円以上(月額にすると17万円弱)のカード利用で30,000ポイントプレゼント(=300万円利用額に相当)。ポイントはマイル、商品券等へ交換できる。

申し込みはこちら

アメックス・ビジネス・ゴールドの詳細

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

プラチナカード!付帯サービスは他を圧倒する法人用クレジットカード

インビテーションなしで取得できるプラチナカードの代表格。
24時間365日対応のセクレタリーサービス(秘書)をはじめ、プライオリティパス、最高1億円の旅行傷害保険(自動付帯)、JALマイルが貯まる(1,000円=11.25マイル)、コナミスポーツクラブ優待割引などさすがプラチナサービス。年間200万円以上の利用で翌年年会費10,000円+税(半額!)になり、条件をクリアするならコスパ最強の法人カードになります。
追加カードは4枚まで。特に代表者の方におすすめです。

年会費 限度額 ETCカード
20,000円+税
(年間200万円以上の利用で
翌年年会費10,000円+税
審査により個別に決定
(最大500万円が目安)
無料
本カード、追加カード
それぞれ最大5枚まで発行可

【当サイト限定】当サイトからお申し込みいただくと、入会翌月末までに5万円(税込)以上のカード利用でセゾン永久不滅ポイント2,000ポイントがプレゼントされます。

永久不滅ポイントは1,000円につき1ポイント貯まるので10万円の利用で100ポイント付与。特典と合せると2,100ポイントになります。6,500ポイントは、Amazonギフト券12,500円分、JALマイル6,250マイル、ANAマイル7,500マイル、Tポイント11,2500ポイントなどに交換できます!これはかなりデカイ特典です!2017年7月31日まで!

申し込みはこちら

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの詳細

三井住友ビジネスカード

三井住友カードのビジネス用クレジットカード。

日本国内での知名度が高くてステータス性、ブランド力もある三井住友カードの法人、個人事業主向けのビジネス用カードです。

とてもベーシックな設計の法人カードで経費支払いの一本化、仮払い・精算・立替など経理業務の合理化をはかりたい企業ににピッタリ。

ポイントプログラムも秀逸で「ポイントUPモール」を上手く活用して事業用経費を決済すれば、ポイントが貯まるスピードはぐんぐんあがります。現金精算や銀行振込の時にはなかった大きなメリットの1つです。 国際ブランドはVISAとMasterCardから選択できます。

※個人事業主の方は専用の三井住友ビジネスカード for ownersを選択してください(スペックは全く同じです)

カード名 三井住友ビジネスゴールドカード 三井住友ビジネスカード
年会費 税抜10,000円+税 税抜1,250円+税
追加カード会費 税抜2,000円+税/枚 税抜400円+税/枚
限度額 100万円 20~40万円
ETCカード 税抜500円+税(初年度無料・1年に1度でもETC利用があれば翌年無料
何枚でも発行OK
国際ブランド VISAMasterCard

もれなく最大10,000円分のVJAギフトカードプレゼント!(内訳は以下のとおり)(2017年9月30日までの申し込み、2017年10月31日までに発券された方が対象)

  1. 新規で入会すると全員にゴールド・プラチナ7,000円分、クラシック(一般)1,000円分プレゼント!
  2. さらに追加カード1枚につきVJAギフトカード1,000円分がプレゼント(最大2名)。
    本カード1枚、追加カード2枚だと、合計9,000円分のギフトカードがプレゼントされます!
  3. 新規で入会後、1ヵ月以内にVpass会員に登録すると、もれな三井住友カードVJAギフトカード1,000円分プレゼント

三井住友ビジネスカードの詳細

法人の方の申し込みはこちら

個人事業主の方の申し込みはこちら

⇒法人クレジットカードのランキングはこちらで紹介しています

法人クレジットカードのススメ

社長様・個人事業主の方へ

法人クレジットカードの代表的なメリットは次の3つです

  • 支払いの一本化→キャッシュフローの計画が立てやすくなる
  • 利用明細が完璧に残る→経理処理がラクになる、使途不明がなくなる
  • 国内外旅行傷害保険の補償が手厚い→出張時の万が一に安心

賢い経営者さまならこれだけでも経営の助けになるとピンとくるはず・・・

業にとって法人名義のクレジットカードは非常にメリットがあります。
毎月の支払いが一本化されることによりキャッシュフロー計画が立てやすくなること、カードを使った明細がキッチリ残るので経理処理も楽になること、また、カードに付帯する国内外旅行傷害保険は出張時の万が一に備えることができるのも魅力ですね。

さらに、社員に法人クレジットカードを持たせ、備品購入や出張経費をこのカードで決済するようにすればいちいち経費精算する手間が省けます。年会費は当然経費として計上できます。また、各カードについているポイントプログラムは大変魅力的なものばかりです。今まで現金払い、銀行振込していたものをクレジットカード決済にするだけでポイントが貯まり、貯まったポイントはマイルや商品券などの金券と交換することができます。(ポイントプログラムのおかげで年会費の元が取れる企業もたくさんあるあるはずです)

当サイトでは企業にとって魅力あふれる法人クレジットカードを専門的に紹介しています。

企業様にご紹介するにあたり、情報の正確性には細心の注意を払っております。是非御社のカード選びの参考にお役立てください。

消費税率変更に伴う、各カードの年会費等の記述について

2014年4月1日からの消費税率変更(5%から8%)に伴い、当サイトで紹介している法人クレジットカードの年会費の表示を全て「税抜き金額」に統一することにしました。

おすすめ記事と更新情報

法人クレジットカード一覧表

当サイトで紹介している法人カードの一覧表。年会費や特徴の概要をまとめました。

法人クレジットカード一覧表

人気ランキング

まずはここから!基礎知識

注目のカード

タイプで選ぶ

紹介しているカードのリスト

サイト運営について

定番人気!