1. トップページ
  2. 法人クレジットカード一覧
  3. アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(グリーン)

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを徹底分析

ビジネス用アメックスの「グリーン」もありますよ!

個人向けに「アメリカン・エキスプレス・カード(通称アメックスグリーン)」があることはよく知られていますが、法人・個人事業主向けのビジネスカードにも「グリーン」があること知ってますか?

なぜか公式サイトにも載せられておらず、知られていないのも不思議ではないのですが、このアメックス・ビジネス・カード(グリーン)、コスパ重視の人にはメチャクチャ良いカードなんです!

当サイトからお申し込みの方は、初年度年会費12,000円(税抜)が無料に!

  アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(グリーン)
券面 アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(グリーン)
年会費 12,000円+税 初年度無料
追加カード年会費 6,000円+税/枚
ETC発行枚数 5枚まで可
ETC年会費 500円+税/枚
限度額 審査により個別に決定
国際ブランド AMEX
  1. 当サイトからお申し込みの方は、初年度年会費12,000円(税抜)が無料に!

>> アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(グリーン)の申し込みはこちら

個人向けにアメックスグリーンが存在していることは有名ですが、
実は法人・個人事業主向けのビジネスカードにも「グリーン」が存在してします。

公式サイトにも載せられていないようなので、聞いたことがなくても当然だと思います。

年会費は12,000円+税。アメックスということを考えれば年会費は安めの設定。
ゴールドと比べると付帯サービスの面で削られている部分は当然あるのですが、
自分の会社、ビジネスにとって必要十分であればグリーンでもOKですよね。

実はあまりに優良スペックのため、管理人の会社では少し前からこのカードに切り替えました。

まず、ステータス性も高く当サイトでも大人気・大本命のアメックス・ビジネス・ゴールドカードとグリーンでどこが違うのかを比較したいと思います。

アメックス・ビジネスゴールドとビジネスカード(グリーン)を徹底比較

  アメックス・ビジネス・ゴールド アメックス・ビジネス・カード
券面
申し込みページ

申し込みページ
年会費 31,000円+税
初年度無料
12,000円+税
初年度無料
追加カード年会費 12,000円+税/枚 6,000円+税/枚
限度額 審査により個別に決定
ETC発行枚数 5枚まで可
ETC年会費 500円+税/枚
保険・補償について
海外旅行保険 最高5000万円(自動付帯)
最高1億円(利用付帯)
※配偶者および生計を共にする
子供や両親まで適用
最高5,000万円(利用付帯)
※配偶者および生計を共にする
子供や両親まで適用
国内旅行保険 最高5,000万円(利用付帯)
プロテクションについて
キャンセル
プロテクション
○
キャンセル費用などの損害を
年間最高10万円まで補償
×
オンライン
プロテクション
○
ネット上での不正使用による損害を全額補償
リターン
プロテクション
○
カードでご購入した商品の返品を補償。
1商品につき最高3万円相当額まで、
1会員口座につき年間最高15万円相当額まで。
ショッピング
プロテクション
○
空港での快適性について
空港ラウンジ ○
会員と同伴者1名も無料で利用できる
無料ポーターサービス ○
出発時→空港の駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで
帰国時→到着ロビーから駅改札口やバス停まで
専任スタッフが荷物を運んでくれる(成田・関空のみ)
空港パーキング
料金割引・優待
○
手荷物無料宅配サービス ○
海外旅行からの帰国時、空港から自宅までスーツケース1個を無料で配送
エアポート送迎サービス ○
空港までタクシーによる定額送迎サービス
(成田・中部国際・関空)
×
海外用レンタル携帯の優待 ○
出張の手配等 ○
ゴールド・デスク
(土曜日も14時まで受付)
△
通常デスク
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
100円=1ポイント
持ってることで得られるインパクト
ステータス性 2重丸 ○

じっくり比較してみるとわかると思うのですが、、、、
ほら、やっぱりビジネスグリーンなかなか良いカードって事がおわかりでしょ!

アメックスビジネスゴールドにあってビジネスグリーンに付いていないサービスは、

  • 海外旅行傷害保険が利用付帯になっていること
  • キャンセルプロテクションが付いていない
  • エアポート送迎サービスが付かない
  • 出張の手配などを受け付けるデスクが「ゴールドデスク」か「一般デスク」の違い
  • ステータス性がゴールドより劣る

と、、こんなもんなんです。

年会費はアメックスビジネスゴールドが31,000円+消費税、アメックスビジネスカード(グリーン)が12,000円+消費税と、約2倍の違いです。

年会費の差額だけを考えると、アメックスビジネスカード(グリーン)ってかなり優良スペックだと言えると思います。

ただ、管理人が一番迷ったのはステータス性です。

社長が持つクレジットカードで「ステータス」を無視してはいけない!

法人で使うクレジットカードの場合、
単純にスペック差だけで検討すべきではないというのが管理人の考えです。

つまり、あくまで仕事・ビジネスで使うカードですから
ステータス性について十分に考慮しておくことが大切
だと思うんです。

見栄張りと言われるかもしれませんが、管理人はビジネスにおいて、
特に社長にはステータスってとても重要だと考えています。

取引先の社長さん、重役の方など目の肥えた“わかってる”人は
ゴールドとグリーンに、ステータス性の違いを感じるはず。

なので、一概にスペックが良くて、自社には必要十分な付帯サービスで年会費もリーズナブル。
だからこれが最高!という単純な判断はちょっとマズイなと思うわけです。

オススメは断然ゴールドです!

管理人はビジネスグリーンに切り替えました。(理由は後述します)。

でも、もし友人・知人の経営者からアメックスのビジネスカードで迷っているという
相談を受ければ、「ゴールド一択だ!絶対ゴールドが良い」と即答します。

だって、誰がどう見てもゴールドの方が良いじゃないですか。

  • サービスも充実していてステータス性もある
  • 設立1年目から審査パスする人も多い
  • 年会費はちょっと高いですけど、経費で処理できます
  • 更に、当サイトからのお申込みで初年度年会費無料です

会社経営者、個人事業主にとってこれほど都合のよいカードはなかなかありませんよ。
あえて最初からグリーンを推しはしません。

管理人がアメックスビジネスカード(グリーン)に切り替えた理由

ここは興味がある人だけ読んでみてください。
管理人がグリーンへとダウングレードした超個人的な理由を書いています。

実は私、ちょっと前までプラチナカードを持っていました。
アメックス・ビジネス・プラチナカードです。ビジネスカードにはセンチュリオン(通称ブラックカード)は存在しませんので、ビジネスカードでは最上級のカードになるはずです。

ゴールド→プラチナ→グリーンと結果的にアメックスのビジネスカードは全種類所持したということになっていますね(笑)

法人化して7年。お取引先様、周りの先輩経営者さんとおつきあいする中で、負けられない、なめられてはいけないとがんばって、できる限りのステータス性を・・・と気張ってきました。購入していませんが中古のベンツとかも欲しかったです。

ウワサ話で聞いたのですが、マイクロソフトの創始者で世界でも1,2位を争う資産家のビル・ゲイツさんは出張でもファーストクラスやビジネスクラスに乗らず、エコノミークラスを利用するそうです。クレジットカードも最低グレードのもの(アメックスはグリーン)を持っているみたいです。あくまで噂なのでホントかウソかは知りません。

この話を聞いて、なんかこう「あえて持たない」という選択もちょっとカッコエエなと思うようになりまして、、。グリーンという選択をしてみたわけです。すこし大人になったかなと思ったりしてます。いや、ただオッさんになっただけですかね(笑)

弊社の業績はおかげさまで順調に推移してきております。

万全の体制とは言えませんがある程度安定してきたこともあり、周りと比較してどうのっていうの一度休憩しても良いのかなと思ったんですね。

それでステータス性というところから離れて、ウチが本当に必要な付帯サービスってなんだろうと検討してみました。そうしたら、スペック的にはグリーンで十分だったんです。

アメックスの場合、限度額はカードの色で決まっていません。ゴールドでもプラチナでもグリーンであっても所有者ごとに個別で設定されています(グリーンでも限度額300万とか平気でOKです。逆にゴールドでも20万円という人もいます。)。

また、最近は空港を利用する機会がめっきり減りました。いや、ほとんどなくなったと言っていいですね。海外出張が激減したので海外旅行傷害保険が自動付帯であることや補償額が大きいことへの重要性は前よりも下がっていました。

「あえて持たない」とかカッコつけて言ってますが、、
切り替えようかなと考えていた時はめっちゃくちゃ迷いましたよ。

やっぱりプラチナのステータス性はとても捨てがたいですよ・・。

それでもまぁ、一度そういうのは手放して見ようとおもって切り替えに踏み切ってみました。
(プラチナの年会費って当時13万6,500円でした。。経費で落ちるとはいえ、ちょっと負担が大きいというのも正直な理由です。)

もしまたゴールドカードが欲しくなったら、サポートデスクに電話して切り替えをお願いするかもしれませんが、しばらくはこれで行ってってみようと思っています。

こういう経緯でアメックスビジネスカードに切り替えました、
管理人の場合はあくまで全部経験してみた結果であり、最初から「グリーンで十分」というようなことは言いたくありません。ここは強く主張しておきたいと思います。

アメックスの場合、グリーンカードは個人カードでいう「一般カード」扱いかというとそんなことはなく、完全に他のカードのゴールドと同程度の付帯サービスです。なので単純にグリーンカードってとても良いカードだと思います。

一昔前と違い、決済できない店もほとんどありませんし、ポイントプログラムも秀逸です。

必要なサービスだけで良い、ステータス性はそんなに重視しない、年会費も安いほうが良いという堅実な方はこのアメックスビジネスグリーンはとてもよい選択だと思います。

よいカードだと思わなければアメックス大好きな管理人は
このカードを選びませんから自信を持ってそう言います(笑)

>> アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(グリーン)の申し込みはこちら

  アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(グリーン)
券面 アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(グリーン)
年会費 12,000円+税 初年度無料
追加カード年会費 6,000円+税/枚
ETC年会費 500円+税/枚 最大5枚まで発行可
限度額 審査により個別に決定
国際ブランド AMEX
海外旅行保険 最高1億円(自動付帯)
国内旅行保険 最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高500万円
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
100円=1ポイント
支払い方法 1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、入会後6ヵ月以降に申請で利用可)
発行期間 2~3週間

法人クレジットカード一覧表

当サイトで紹介している法人カードの一覧表。年会費や特徴の概要をまとめました。

法人クレジットカード一覧表

人気ランキング

注目のカード

定番人気!

まずはここから!基礎知識

タイプで選ぶ

紹介しているカードのリスト

サイト運営について