1. トップページ
  2. 法人クレジットカード一覧
  3. セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カードを徹底分析!

クラウドワークスやYahoo!リスティングで2%ポイント還元!

セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カードは、起業間もないフリーランスの方やインターネットを使って副業をしている方に適したカード

法人カードの中では年会費1,000円+税と低額で持ちやすい上、ビジネスニーズが高いインターネットサービスの2%がポイント還元されるのが最大の特徴です。

ビジネスニーズが高いインターネットサービスとは、具体的に挙げるとサーバー・ドメインや会計ソフトなど。

また、クラウドソーシングやリスティング広告費も2%がポイント還元されるので、こういった経費を節減したい法人代表者にもオススメです。

  セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カード
券面 セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 1,000円+税
追加カード年会費 無料(4枚まで発行可)
ETC年会費 無料
本カード、追加カードそれぞれ最大5枚まで発行可
限度額 審査により個別に決定
国際ブランド AMEX

【永久不滅ポイントを最大1,400ポイント(7,000円相当)プレゼント!】
特典1:当サイトからお申し込みいただき、発行月の翌々月末までにショッピングで5万円(税込)以上ご利用いただくと、永久不滅ポイントを800ポイント(4,000円相当)をプレゼント!

特典2:同期間中に【特典1】と1回以上のキャッシング利用で、さらに永久不滅ポイントを300ポイント(1,500円相当)をプレゼント!

特典3:同期間中に【特典1】と家族カードの発行で、さらに永久不滅ポイントを300ポイント(1,500円相当)をプレゼント!

合計すると最大1,400ポイント(7,000円相当)のプレゼントとなります。 これはかなりデカイ特典です!  
※2020年4月1日(水)〜

>> セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みはこちら

起業1年目でも審査に通る

起業間もない時期だと、もっとも気になるのはクレジットカードの審査。

フリーランスだと、会社員のように職業や年収を証明する書類を用意することはできない上、起業1年目だと確定申告書の控えもありません。

その点このカードは、職業や年収を証明する書類の提出は不要。そして法人であっても登記簿謄本や決算書を用意する必要はありません。

このことから、起業1年目のフリーランスや設立1年目の法人だったとしても、他社クレジットカードや借り入れの延滞さえなければ本人に審査に通過する可能性が高いカードなんです。

このことからも、このカードは起業・法人化間もないタイミングで持つのに適した法人カードだと言えます。

クラウドワークスやYahoo!リスティング広告で2%還元

さて、このカードは起業・法人設立1年目でも持てることをご理解いただいたところで、いよいよカードのサービス内容の説明に入っていきますよ!

このカード最大の特徴は、特定の加盟店で2%のポイント還元が受けられること。

多くのフリーランスや小規模な法人で利用する機会が多いサービスで、法人カードのポイント還元という形で経費節減を図ることができます。

ほかにも備品・消耗品を購入する機会が多いAmazonや楽天市場などでも1%還元。

このようにセゾンコバルト・アメリカン・エキスプレスカードは、事業開始から間もない時期に経費を抑えることができるカードだと言えます。

起業・法人設立してすぐの時期は、経費を少しでも抑えてビジネスを軌道に乗せたいところ。

そういった時期にドメイン・サーバーやクラウドソーシングといった直接売上に関わる経費で2%という多くのポイント還元が受けられるのが魅力です。

特定の加盟店はニーズの高いインターネットサービス

まずはこのカード最大の特徴である特定の加盟店でのポイント2%還元について説明しますね。

ポイント2%還元が受けられる加盟店は、フリーランスの方なら利用する機会が多いインターネットサービスが中心。具体的には以下のものがポイント2%還元の対象です。

  • Xサーバー
  • さくらインターネット
  • お名前.com
  • マネーフォワード
  • ミロクかんたんクラウド
  • クラウドワークス
  • ヤフービジネスサービス
  • Cybozu
  • AMAZON WEB SERVICE(AWS)
  • モノタロウ

特定加盟店のポイント還元でもっとも大きな経費節減が期待できるのは、サイト運営がメインのフリーランス・法人代表者の方。

サイト運営だと数十、数百単位でサイトを所有していることも珍しくありません。

特定加盟店に含まれている「Xサーバー」と「さくらインターネット」は、どちらも格安で安定しているため人気のサーバー。利用しているフリーランスや法人経営者は多いのでは?

また、サイトのデザインや記事作成、管理などを依頼する外注先をクラウドワークスで募集しているなら、毎月の経費は数万円から数十万円に。

そして所有サイトをYahoo!リスティング広告に出稿しているなら、外注費と変わらない、あるいはそれ以上の広告宣伝費が発生します。

仮にクラウドワークスとYahoo!リスティング広告で毎月10万円ずつの合計20万円の経費を支払っているとしましょう。

この20万円をセゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カードで決済すれば、1か月だけで4,000円がポイント還元されます。

フリーランスや小規模な法人ならクラウドの会計ソフトを利用することがほとんどだと思うので、1年単位で見れば48,000円以上の経費節減効果がありますね。

ここまで説明したとおり、セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カードはサイト運営がメイン事業のフリーランス・法人にとって経費節減効果が大きいカードです。

また、サイト運営がメインでなかったとしても、自社商品・サービスのサイトを運営、Yahoo!リスティング広告に出稿している場合でも、大きな経費節減が見込めます。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費実質無料

セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費1,000円+税は、特定加盟店での還元率アップのために支払っていると言ってもいいくらい。

そのため、特定加盟店を利用する機会が少ないなら、年会費実質無料で持てる「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」がオススメです。

セゾンパールは特定加盟店でのポイント2%還元がない代わり、年に1度でも決済すれば1,000円の年会費が無料になるのが特徴。(後で説明するAmazonや楽天でのポイントアップはセゾンパールも適用されます。)

経費の決済のためにクレジットカードを持っていて年に1度もカードを使わないことはまずありえないので、セゾンパールは年会費無料のカードだと言ってしまってもいいですね。

なお、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードについては「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードを徹底分析!」でくわしく説明しています。

Amazonや楽天市場で1%のポイント還元

セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カードは最大の魅力は、先ほど説明した特定加盟店での2%ポイント還元。

それに加えて、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングといったサイトでも購入代金の1%がポイント還元されます。

これらのサイトでパソコンやプリンタをはじめ、備品や消耗品を購入する方は多いはず。

他社法人カードの多くは、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのポイント還元は0.5%。

そのことを思うと、このカードは経費の大半を他社法人カードよりも多くのポイント還元を受けることができると言えます。

ポイント有効期限は無期限。確実に還元が受けられる!

ここまで説明したとおり、セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カードは特定加盟店とセゾンポイントモールでのポイント還元で経費節減が図れるのが特徴のカードです。

特定加盟店とセゾンポイントモール以外でのカード決済だとポイント還元されるのは0.5%。

ほかの法人カードとくらべても平凡です。

ただ、このカードのポイントプログラム「永久不滅ポイント」は名前からも何となく分かるように、ポイント有効期限がないというメリットが。

そのため、経費の支出をこのカード1枚にまとめておき、思い出したときに貯まったポイントを交換すればOK。

もしも起業間もなく経費の決済が少ない場合でも、確実に還元を受けることができます。

永久不滅ポイントの交換先は豊富なので、使い道に困ることはまずありません。

貯めたポイントは活用できる場面が多いAmazonギフト券などに交換できます。

ただし!ポイント交換先によっては還元率が下がるので注意!

永久不滅ポイントは、基本的に1ポイント=5円の価値。

このカードは1,000円決済するごとに1ポイント(特定の加盟店なら4ポイント、Amazonや楽天市場なら2ポイント)が貯まります。

ただ、交換先によっては1ポイントの価値が5円よりも少なくなってしまうことに注意してくださいね。

ApplePayや追加カードで経費の一元化が簡単!

法人クレジットカードをメリットはポイント還元だけではありません。

事業経費を1枚のカードに集約することによって経理の手間を省けるのも大きなメリットの1つです。

フリーランスや小規模法人の経営者なら、ご自身で経理の事務を行っていることがほとんどだと思います。

なので事務処理はできるだけ簡素化し、売り上げに直接繋がる本業に専念したいところ。

その点、このカードはApplePayに対応している上、ETCカードや従業員向けの追加カードは無料で発行できるなど、経費を一元化できる仕組みが充実しています。

ApplePayで少額の経費も手軽に支払いできる

フリーランスや小規模法人の経営者なら、コンビニやスーパーでちょっとした事務用品を買うことも多いと思います。また、地方のフリーランス、経営者だと営業や打ち合わせで車を使うこともあるはず。

そんなときに便利なのがApplePay

ApplePayは、iPhoneやApple Watchにクレジットカードを登録することにより、暗証番号やサイン不要で決済できるしくみ。

今では多くの法人カードがApplePayに対応していますが、セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カードも対象です。

ApplePayならコンビニやガソリンスタンドでスマホをかざすだけで決済完了。

利用代金はカード決済と合わせて請求されるので、少額の経費もキッチリ一元管理ができます。

なお、ApplePayは複数のクレジットカードを登録できるので、このカードとプライベートで使っている個人用カードの両方を登録しておけば、経費とプライベートの支出を簡単に区別できます。

追加カード1枚につきETCカード1枚を発行できる。しかも無料!

先ほどガソリンの話をしましたが、事業で車を使うフリーランス・経営者なら事業用のETCカードも持ちたいと考えるはず。

このカードならETCカード1枚が無料で発行できます。

また、ETCカードが発行できるのは本カードだけではありません。従業員に持たせる追加カード1枚ごとにETCカード1枚を発行可能。

つまり、最大5枚のETCカードを発行できるわけです。

法人カードの多くは、ETCカードが発行できるのは本カードのみ、追加カードのETCカードは発行できないものがほとんど。

そのためこのカードは、事業用のETCカードを2枚以上持ちたい方にも適しています。

起業・法人設立から間もないフリーランス・法人経営者なら従業員がいないことがほとんどのはず。

ただ、奥さんなどご家族に事務用品の購入や雑用をお願いする機会があるなら、追加カードやETCカードを追加で発行すれば便利です。

立て替え金の精算といった面倒な手間がなくなりますし、追加カードの利用代金も本カードと合わせて請求されるため、経費を一元化できますからね。

アメックスは国内ならほぼ使える

もしかしたら、「アメックスは決済できる場所が少ないのでは…?」

という不安を持っているフリーランス・法人経営者の方もいらっしゃるかもしれないので説明します。

以前は確かに、アメックスは国内では利用できないショッピングサイトや店舗がチラホラ見られました。

でも、それは過去の話。2010年に国内でもっとも加盟店が多いJCBと提携したのをきっかけに、一気に利用できる場所が増えました。

なので、アメックスは国内ならVISAやMasterCard、JCBとほぼ同じように決済できると考えて問題ありません。

そのため、インターネットサービスや街中での経費の支出は問題なくこの1枚で支出することができます。

海外でも決済するならVISAのサブカードを持つことを推奨

ここまで説明したとおり、このカードは国内での決済はほぼ問題ありません。

ただ、アメックスブランドは海外での決済に強いイメージがありますが、実際はまったく逆…。

世界的な観光地であってもVISAやMasterCardは使えるのにアメックスは使えない場面が多くあります。

また、海外のインターネット決済サービスもVISAとMasterCardのみの取り扱いがほとんど。

そのため、海外の店舗や決済サービスで決済する機会があるなら、サブカードとしてVISAやMasterCardの法人カードも合わせて持つことをオススメします。

オリコ EX Gold for Bizは小規模法人・個人事業主向けのVISA・MasterCard法人カード

セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カードで決済できないときのサブカードとしてオススメしたいのが「オリコ EX Gold for Biz」。

このカードは世界的に決済できるVISA・MasterCardブランドを選択できる上、海外ではメジャーな決済方法であるVisaタッチ決済とMasterCardコンタクトレスにも対応しているのが特徴です。

基本的にはセゾンコバルトで経費を一元化し、アメックスが決済できない場面ではオリコ EX Gold for Bizという使い分けをオススメします。

なお、オリコ EX Gold for Bizについては「オリコ EX Gold for Bizを徹底分析する」でくわしく説明しています。

その他割引・ポイントアップの特典

そして、法人カードの付帯サービスとしては活用できる場面は少ないものの、以下の特典も付いています。

  • パッケージツアーが最大8%OFF
  • 西友、リヴィンで毎月第1・第3土曜日などは5%OFF
  • セブンイレブンで1.5%のポイント還元(事前に登録が必要)

なお、このカードは特定加盟店でのポイント還元に特化しているので、出張で活用できるサービスがほとんど付帯していません。

そのため、パッケージツアー8%OFFを活用できる場面はまずないように感じます・・・

セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カードは特定加盟店でのポイント還元に特化

ここまでセゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴やサービス内容を詳しく説明してきました。

このカードの最大の特徴は、特定加盟店での決済で2%のポイント還元が受けられること。

特定加盟店に含まれているサーバー・ドメイン代やクラウドワークスでの外注費、Yahoo!リスティング広告での広告宣伝費が多いならかなりオススメです。

ただ、アメックスは海外決済に弱いのがデメリット。

海外出張やインターネット上の海外決済システムでの支払いも多いなら、VISAやMasterCardのサブカードでカバーする必要があることに注意しましょう(管理人はオリコ EX Gold for Bizがオススメ!)。

そうは言っても、年会費が1,000円+税と低いにも関わらず、業種によっては支出が大きくなりがちなクラウドワークスやYahoo!リスティング広告で2%ものポイント還元が受けられるのはこのカードだけ。

所有サイトの運営費やサイトの宣伝広告費が多ければ多いほど、このカードのメリットは大きくなりますよ!

>> セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みはこちら

最後に、カードのスペックをまとめます。

  セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カード
券面 セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 1,000円+税
追加カード年会費 3,000円+税/枚、4枚まで発行可
ETC年会費 無料(4枚まで発行可)
限度額 審査により個別に決定
国際ブランド AMEX
海外旅行保険 -
国内旅行保険 -
ショッピング保険 -
ポイントプログラム セゾン「永久不滅ポイント」
1,000円=1ポイント(海外利用は2倍)
限度額 審査により個別に決定
支払い方法 1回払い、ボーナス一括払い、2回払い又はボーナス2回払、リボルビング方式
発行期間 最短3営業日

>> セゾンコバルト・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みはこちら

法人クレジットカード一覧表

当サイトで紹介している法人カードの一覧表。年会費や特徴の概要をまとめました。

法人クレジットカード一覧表

人気ランキング

注目のカード

定番人気!

まずはここから!基礎知識

タイプで選ぶ

紹介しているカードのリスト

人気のアメックスを徹底比較

サイト運営について