1. トップページ
  2. 法人クレジットカード一覧
  3. シェルビジネスカード(JCBカード)

シェルビジネスカード(JCBカード)を徹底分析する

昭和シェルSSをメインで利用する企業・個人事業主はメリットが大きい!
年間最大18万円キャッシュバック。

昭和シェルでの給油がメインでガソリン代の割引になる法人クレジットカードを探している方はこのカードがベストです。キャッシュバックの対象となる昭和シェル石油SSでの利用料金を2倍で計算。また、シェル内でしか利用できない利用範囲を限定したカード(SS専用カード・FUELカード)も発行できるので安心して社員に渡せるのも魅力。

  シェルビジネスゴールドカード
(JCBカード)
シェルビジネスカード
(JCBカード)
券面 シェルビジネスゴールドカード シェルビジネス一般カード
年会費 10,000円+税
初年度無料
1,250円+税
初年度無料
追加カード年会費 3,000円+税/枚 1,250円+税/枚
ETC発行枚数 複数枚発行OK
※希望枚数の発行が出来ない場合あり
ETC年会費 無料
限度額 公式サイト参照 公式サイト参照
国際ブランド JCB

>> シェルビジネスカード(JCBカード)の申し込みはこちらです

このカードは当サイトで人気NO.1のJCB法人カードの姉妹カードです。JCB法人カードはポイント型とキャッシュバック型の2タイプから選択できますが、シェルビジネスカード(JCBカード)はキャッシュバック型オンリーです。

また、JCB法人カードのキャッシュバック型と比較すると、このシェルビジネスカード(JCBカード)の方が「昭和シェル石油」での給油がメインであればこちらの方がお得なカードになります。

もし特定のガソリンスタンドで給油しないというのであれば、JCB法人カードを選択した方が結果的にはトクをするかもしれません。(シミュレーションはこのページの下の方でやっています)

キャッシュバックの方法は本家と同じだが、シェルSSだけ2倍で計算

まずキャッシュバック率の決定は本家JCB法人カードと全く同じ。

1ヶ月のカード利用金額に基づいて以下の表にしたがってキャッシュバック率が決定されます。利用金額に応じたキャッシュバック率も全く同じに設定されていますね。

1ヶ月間のカード利用額が40万円だった場合、キャッシュバック率は1.5%になります。

翌月、このキャッシュバック率に応じて対象となる「交通費・出張旅費」利用分に対してキャッシュバックが行われます。

これだけだと本家JCB法人カードのキャッシュバック型と全く同じになってしまうのですが、シェルビジネスカードと「シェル」の冠をかぶっているのでシェルでの利用分に対してお得になるようになっています。

  JCB法人カード
(キャッシュバック型)
シェルビジネスカード(JCBカード)
キャッシュバックの対象 ガソリンスタンド、JR券、高速道路、タクシー料金、レンタカー料金、航空券、宿泊料金、旅行代理店 昭和シェルSSでの利用料金(2倍で計算)、JR券、高速道路、タクシー料金、レンタカー料金、航空券、宿泊料金、旅費

キャッシュバックの対象である「昭和シェル石油SS」での利用分は対象金額を2倍で計算するというものです。その他は全く同じです。

JCBの公式サイトに掲載されている図を参考にするととてもよくわかります。


公式サイトのキャッシュバックの解説はこちら(PDFファイル)です

昭和シェルでの利用分が10万円、その他「交通費・出張旅費」が10万円だとすると、
キャッシュバックの対象は、

(昭和シェル利用分10万円)×2倍+その他の交通費・出張旅費10万円=30万円

となります。この30万円に対して、先ほどのキャッシュバック率1.5%が適用されて、30万円×1.5%=4,500円 がキャッシュバックされる事になります。

これがもし本家JCB法人カードだと、昭和シェル利用分は2倍という特典が付きませんから、

昭和シェル利用分10万円+その他の交通費・出張旅費10万円=20万円

この20万円がキャッシュバックの対象。キャッシュバック率は同じく1.5%なので、キャッシュバック金額は、20万円×1.5%=3,000円 のキャッシュバックです。

「ウチは昭和シェルでしかガソリンを給油しない」という方は間違いなくシェルビジネスカード(JCBカード)の方がメリットが大きいですね。

年会費も本家JCB法人カードとまったく同じで一般カードが1,250円(税抜・初年度無料)、ゴールドカードが10,000円(税抜)。月々のガソリン代を含む交通費・出張旅費がある程度大きい企業であればあっという間に年会費の元を取ってプラスになることでしょう。

逆に言うとこのカード、昭和シェル以外での給油は割引の対象になりません。

本家JCB法人カードの場合、どのガソリンスタンドもキャッシュバックの対象です。つまり、いつも決まったガソリンスタンドで給油しているわけじゃ無いけどガソリンの割引に魅力を感じるという方はJCB法人カードのキャッシュバック型を選んだ方が良いでしょう。

利用範囲を限定した「SS専用カード」と「FUELカード」

「社員にクレジットカードを持たせるのは抵抗がある」という経営者もいらっしゃるでしょう。私もそう思います。

そんなときに嬉しいのがSS専用カードとFUELカードです。

これらのカードは親カードの子カードとして発行できるカードなのですが、

  • SS専用カード・・・昭和シェル石油SS内の全ての商品を購入できる(洗車,オイル交換などもOK)
  • FUELカード・・・昭和シェル石油SSで、ガソリン、軽油、灯油にだけ利用できる

という利用範囲を限定したカードです。

「社員に持たせるのはガソリンの給油にだけ使えるカードだけにしたい」
という経営者の要望から生まれたカードです。

これなら不正利用される心配も少ないので安心ではないでしょうか。

シェルビジネスカード(JCBカード)はメインとなるクレジットカード(親カード)とSS専用カード、FUELカードを好きなように組み合わせて発行することができますから、従業員の規模に合わせて計画してください。

ETCカードは複数枚発行可能(年会費無料)です。
このあたりは本家JCB法人カードと全く一緒なのでこちらもご覧ください。

  シェルビジネスゴールドカード
(JCBカード)
シェルビジネスカード
(JCBカード)
券面 シェルビジネスゴールドカード(JCBカード) シェルビジネスカード(JCBカード)
年会費 10,000円+税
初年度無料
1,250円+税
初年度無料
追加カード年会費 3,000円+税/枚 1,250円+税/枚
ETC発行枚数 複数枚発行OK
※希望枚数の発行が出来ない場合あり
ETC年会費 無料
限度額 公式サイト参照 公式サイト参照
国際ブランド JCB
海外旅行保険 最高1億円(一部利用付帯) -
国内旅行保険 最高5,000万円(自動付帯) -
ショッピング保険 最高500万円(国内/国外) -
ゴールドカード特典
  • 旅行傷害保険:海外最高1億円、国内最高5,000万円(自動付帯)
  • ショッピングガード保険(国内/海外)年間500万円まで補償
  • ゴルフ場予約サービス(全国約1,200ヵ所の有名ゴルフ場のプレー予約を法人デスクが代行)
  • 空港でのラウンジ利用が無料
-

>> シェルビジネスカード(JCBカード)の申し込みはこちらです

※記事内容については当サイト独自調査の記事であり、 申込みの際は公式サイトの情報をご確認の上お申込ください。

法人クレジットカード一覧表

当サイトで紹介している法人カードの一覧表。年会費や特徴の概要をまとめました。

法人クレジットカード一覧表

人気ランキング

注目のカード

定番人気!

まずはここから!基礎知識

タイプで選ぶ

紹介しているカードのリスト

サイト運営について