1. トップページ
  2. 法人クレジットカード一覧
  3. アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを徹底分析!

法人代表者や個人事業主のプライベート用にオススメのカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(通称:アメックス・ゴールド)は、個人用のクレジットカードです。

「法人クレジットカードのサイトなのに、なんで個人用カードが出てくるの?」と思われるかもしれませんが、アメックス・ゴールドはアメックス・ビジネス・ゴールドを使っている法人代表者や個人事業主のプライベート用のカードとしてオススメなんです。

実際、管理人もアメックス・ビジネスと個人用を使い分けて愛用していて、大変満足しています。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
券面アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費 29,000円+税 ※初年度無料
追加カード年会費 12,000円+税/枚 ※1枚目は無料
ETC発行枚数5枚まで可
ETC年会費無料(ただし発行手数料850円+税)
限度額審査により個別に決定
国際ブランドAMEX

>> アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの申し込みはこちら

管理人の会社ではアメックス・ビジネス・カードをメインで使っています。設立当初はアメックス・ビジネス・ゴールド・カードを使っていたのですが、そのステータス性と素晴らしい付帯サービスには本当に感動しました。

そこでプライベートの決済用にもアメックスを持ちたいと考え、このアメックス・ゴールドに申し込みました。

しかし、管理人がアメックス・ビジネス・ゴールドとアメックス・ゴールドの2枚持ちをしたのは、事業用とプライベート用に使い分けるためだけではありません。

アメックスはビジネスカードと個人カードとでポイントを集約できるという大きな特徴があるんです。

アメックス・ビジネスで経費の支払いで貯めたポイントを個人用カードに集約してマイル移行し、経費にならないプライベートな家族旅行で活用できるのは、ほかの法人クレジットカードにはない大きなメリットです。

また、アメックスの法人カードと個人カードでは、同じゴールドカードでも付帯サービスが若干ちがうので、個人カードの付帯サービスをビジネスで利用することができます。

たとえば、個人カードに付帯しているレストラン優待サービスを接待や打ち合わせで利用すれば、経費を節減することができます。

前置きが長くなってしまいましたが、アメックスのビジネスカードと個人カードのちがいについて徹底的に分析し、法人代表者や個人事業主が2枚持ちをするメリットを紹介します。

ビジネスカードと個人用カードのちがい

先ほどもちょっと触れましたが、アメックスのビジネスカードと個人用カードは券面デザインだけでなく、付帯サービスも少しちがいます。

個人用カードに付帯しているゴルフやレストランでの優待サービスとプライオリティ・パスは、ビジネスカードには付帯していません。一方、ビジネスカードに付帯しているビジネス関連のサービスは、個人用カードには付帯していません。

ただ、個人用カードに付帯しているこれらのサービスは、ビジネスでも十分活用できます。具体的な個人用カードをビジネスで活用する方法を紹介してみます。

プライオリティ・パス

海外の空港ラウンジを無料で使えるプライオリティパスの機能が付帯!

特にメリットが大きいのは、個人用カードのプライオリティ・パスを海外出張で利用できることです。

プライオリティ・パスとは、海外の空港ラウンジを年2回までなら無料利用することができるサービスで、ビジネスカードには付いていません。

プライオリティ・パスは本来なら249ドル(中間のスタンダード会員の場合)の年会費が必要なサービスですが、個人用のアメックス・ゴールドを持っていれば入会金・年会費が無料で入会することができます。

ビジネスカードでも国内空港ラウンジを無料で利用できるサービスは付帯していますが、海外ラウンジは基本的に無料では利用できません。ですから、海外出張の機会がある法人代表者や個人事業主なら、個人用カードを持つことによりプライオリティ・パスを活用できます。

個人用アメックス・ゴールドの年会費が29,000円+税であることを考えると、プライオリティ・パスを持つためだけに個人用カードを持つという選択肢もあります。

プリファード・ゴルフ

プリファード・ゴルフ

海外出張や接待でゴルフをする機会があるなら、個人用カードのプリファード・ゴルフも活用できます。

プリファード・ゴルフは、通常なら年会費295ドルと、個人用カードとほぼ同じ年会費が必要な会員サービスです。提携ホテルに2泊以上宿泊すると、そのホテルが提携しているゴルフコースのプレー代が1名につき1ラウンド無料になります。

提携ホテルやゴルフコースはアメリカやヨーロッパが中心です。

ただ、日本人に人気のあるハワイの有名なホテルやゴルフコースも含まれているので、このサービスを活用できる方は多いのではないでしょうか?

ゴールド・ダイニング by 招待日和

ゴールド・ダイニング by 招待日和

ここまで個人用カードの海外で利用できるサービスを紹介しましたが、海外へ行く機会があまりない法人代表者や個人事業主でも活用できそうなサービスがあります。

ゴールド・ダイニング by 招待日和は、国内での打ち合わせや接待で大きく経費を節減できるサービスです。

このサービスは、提携レストランで2名分以上のコース料理を予約すると、なんと1名分が無料になります。

コース料理はレストランにもよりますが、1名分で10,000円前後の代金になります。たった1回の食事で10,000円も経費が節減できるカードは、個人用アメックス・ゴールドをおいてほかにはありません。

提携レストランは東京や大阪、愛知、福岡のような大都市を中心に国内約280店舗です。ですから、「利用できるレストランが近くにないじゃないか!」と不満を抱く方は少ないはずです。

なお、対象レストランはこのサービスを提供している招待日和の公式サイトで確認できます。

管理人も会社が三重県の田舎なので、このサービスを知ったときは「使えねーじゃないか!」と思ったのですが、ビジネスで人と会う機会が多い名古屋で探してみると対象レストランが8件ありました。

ゴールド・ダイニングの1名分無料となる条件として、個人用カードで決済しなければなりません。

そのためビジネスカードと個人用カードで正確に用途を区別できないというデメリットはありますが、1度レストランで食事するだけで10,000円も割引されることを考えれば十分許容できます。

一休.comでの優待

一休.comでの優待

最後に、個人用カードでは国内約1,400のホテルやレストランを格安で予約できる「一休.com」で、アメックス会員限定プランが利用できます。

取引先との接待で国内旅行に行くことになり、なぜかホテルや旅館の手配をしなければいけなくなったとき、一休.comで予約するという活用方法もあります。

一休.comに掲載されているホテルや旅館は、すべて一定の基準を満たしたところばかりです。ですから、ホテルや旅館選びで大きく外して取引先と気まずくなることはありません。

このように、個人用のアメックス・ゴールドには、ビジネスでも便利に利用できる魅力的なサービスが付帯しています。

特にプライオリティ・パスやゴールド・ダイニングは、年に1~2回程度活用するだけで個人用のアメックス・ゴールドの年会費をペイできます。

その上事業経費とプライベートの支出を分けて管理できることを考えると、アメックス・ゴールドのビジネスカードと個人用カードの2枚持ちはコスパにも優れていると言えます。

ビジネスカードと個人用カードのちがいを、以下のとおり表にまとめました。

アメックス・ゴールド ビジネスカードと個人用カードのちがい

ビジネスカード個人用カード
年会費(税別)31,000円29,000円
追加カード年会費 1枚:12,000円 1枚目:無料
2枚目以降:12,000円
ETCカード 年会費:1枚500円+税年会費無料
発行手数料:850円+税/枚
プライオリティ・パス×年2回まで無料
プリファード・ゴルフ×
ゴールド・ダイニング by 招待日和×
一休.comでの優待×
ビジネス・ダイニング by ぐるなび×
四半期管理レポート×
ビジネスセービング×
ビジネス・コンサルティング・サービス­×
ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」×
ビジネス情報調査代行サービス×
リージャス×
クラブオフ×
ヘルスケア無料電話健康相談×
ビジネスカード会員様限定イベント×
ミーティング・スクエア×
アメックスJALオンライン×
アメリカン・エキスプレス・トラベルデスク×

上記で説明したとおり、アメックスのビジネスカードと個人用カードの2枚持ちはコストパフォーマンスに優れています。

しかし、ビジネスカードだけでなく個人用カードもアメックスを利用することにより、公私ともにステータス性が得られるのも魅力です。

「アメックス=ステータス」というイメージは、おそらくすべてのクレジットカードの中で最も浸透しているのではないでしょうか?

実際、管理人が接待や会食の支払いでアメックスを使うと「社長、アメックスですか。すごいですね!」と言われることが何度かありました(笑)

さらに個人用カードもアメックス・ゴールドを持っていれば、仕事仲間や取引先の前でプライベートな支払いのときにもアメックスを使うことができます。

細かいことですが、経費とプライベート、どちらもアメックスのステータス性を実感しながら使い分けることができるのは、実際に2枚持ちをしてみると大きなメリットです(管理人の経験上)

個人用カードとビジネスカードのポイントが合算できる

個人用カードとビジネスカードで貯めたポイントを合算できる

アメックスのカードは、利用金額に応じて「メンバーシップ・リワード」のポイントが貯まります。

このポイント、実は個人用カードとビジネスカードでそれぞれ貯めたポイントを合算できるという大きなメリットがあります。

ポイントの合算については、アメックス公式サイトの会員規約にも明記されています。

個人用カードとビジネスカードのポイントを合算できれば、経費で貯めたポイントを個人用カードに移行し、経費にできないプライベート旅行などで活用することができます。

個人用カードもビジネスカードも、メンバーシップ・リワードのしくみはまったく同じです。利用金額100円ごとに1ポイントが貯まり、貯めたポイントは景品や商品券、提携航空会社のマイルに交換・移行できます。

ビジネスカードと個人用カードのポイント合算についての前に、メンバーシップ・リワードについて説明しますね。

メンバーシップ・リワードはマイル移行がオススメ

メンバーシップ・リワードのポイントは景品や商品券と交換すると1ポイント=0.5円と一般的なクレジットカードと同じですが、マイルに移行すればその価値は2倍に跳ね上がります。

提携航空会社は次の14社

提携航空会社は次の14社

全日空(ANA)、チャイナエアライン、デルタ航空、ヴァージン アトランティック航空、タイ国際航空、キャセイパシフィック航空、シンガポール航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、スカンジナビア航空、アリタリア-イタリア航空、フィンランド航空、中国南方航空、エティハド航空、エミレーツ航空

※JALマイルへの移行サービスは2014年1月末で終了しました。メチャクチャ残念ですが、JALと同じワンワールドグループのキャセイパシフィックのマイルに移行すれば、JALを利用できます。

なお、ポイントをマイルに移行するとき、「メンバーシップ・リワード・プラス」へは絶対に加入した方が良いです。

メンバーシップ・リワード・プラスに加入すると年会費3,150円が別途必要ですが、マイル移行に必要なポイントが通常の半分になります。

  • メンバーシップ・リワード・プラスに登録する:1,000ポイント=1,000マイル
  • メンバーシップ・リワード・プラスに未登録だと:2,000ポイント=1,000マイル

つまり、メンバーシップ・リワード・プラスに登録、未登録でポイント価値が2倍も違うことになります。

メンバーシップ・リワード・プラスの年会費を節約するため、マイルに交換する年だけ加入することをオススメします。マイルに交換する予定がない年は、わざわざ年会費を払ってもまったくメリットかありません。

※「ANAマイレージクラブ」へのポイント移行の上限は、ビジネスカードと個人用カードを合わせて80,000マイル/年間(1月~12月)
※「ANAマイレージクラブ」へのポイント移行には、「メンバーシップ・リワード ANAコース」への参加費5,000円(税抜/年間)が別途必要

ANAマイレージクラブへのポイント移行の上限は、個人用とビジネスカードの2枚を合わせても80,000マイル/年間です。

2枚それぞれに移行すれば160,000マイル移行できるわけではありません。そのため、ポイント合算した方が絶対に得です。

ホテルグループのポイントにも移行可能

管理人は貯めたポイントは全てマイルに移行する派なのですが、マイルと同じくらいお得なのがホテルグループポイントへの移行です。

ヒルトン・ワールドワイド、スターウッド ホテル&リゾートの各ポイントに、メンバーシップ・リワード・プラスに加入の場合以下のレートで交換できます。

  • 1,000ポイント = 1,250Hオナーズ・ポイント
  • 1,000ポイント = 330スター・ポイント

ヒルトン・ワールドワイドに加盟しているのは世界中のヒルトングループ。具体的にはヒルトン、コンラッド、ダブルツリー、エンバシー・スイーツなどなどです。また、スターウッドは世界中のセントレジス、メリディアン、ウェスティン、シェラトンなどです。

貯めたホテルポイントは無料宿泊券などと交換可能で、こちらもマイル同様お得なポイントの活用法です。

ポイント合算は電話すれば翌日に完了

個人用カードとビジネスカードのポイント合算は、カードデスクに電話するだけでOKです。

ネット上の会員サイトから手軽に申し込めないのはややデメリットです。ただ、ポイント合算は頻繁に行うことではありませんし、電話の翌日にはポイント合算されるというスピードを考えると、不便を感じることはまったくないでしょう。

なお、ポイント合算した後も、会員サイトから個人用カードとビジネスカード、それぞれのポイント加算履歴は確認できます。

アメックスは個人用カードもビジネスカードも、ポイントのしくみはまったく同じです。また、2枚のカードのポイントをまとめることで通常よりも早くポイントを交換できます。

個人用カードとビジネスカードとでポイント合算できるカードは少ないので、アメックスを2枚持ちする大きなメリットです。

個人用カードでもデポジットが使える

アメックスのビジネスカードは、デポジットという形でカード利用金額を先払いすることによって限度額を実質的に引き上げることができます。

たとえば、ビジネスカードで100万円を決済したいものの限度額が50万円しかない場合、デポジットとして50万円をアメックスに振り込むことにより決済がてきます。

このデポジットは、個人用カードでもビジネスカードと同じように利用することができます。そのため、経費にならない高額な時計などを個人用カードで決済したい場合でも前もって入金すれば決済できます。

まとめ

ここではアメックス・ゴールドの個人用カードをビジネスカードと2枚持ちすることにより、ビジネスで活用する方法を中心に説明しました。

アメックスは個人用カードとビジネスカードの両方を持ち、ビジネスとプライベートの決済を使い分けることができます。

個人用カードとビジネスカードとではそもそも用途がちがうため、年会費や付帯サービスが異なります。ただ、個人用カードに付帯している海外空港ラウンジサービスやホテル、レストランでの優待は、出張や接待、打ち合わせなどビジネスで十分に活用できるサービスです。

管理人自身が個人用カードとビジネスカードを2枚持ちしている経験では、公私ともにアメックスが使えることと、ポイント合算できるところが大きなメリットだと感じています。

アメックスは付帯サービスが充実したとてもよいカードなので、ぜひとも2枚のアメックスを使い分けていただけたらと思います。

>> アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの申し込みはこちら

最後に、カードのスペックをまとめます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
券面アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費29,000円+税 ←初年度無料
家族カード年会費12,000円+税/枚
ETC年会費 500円+税/枚 ※最大5枚まで発行可
限度額審査により個別に決定
国際ブランドAMEX
海外旅行保険最高1億円(自動付帯)
国内旅行保険最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング保険最高500万円
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード:100円=1ポイント
支払い方法1回払い
(リボ払い・分割払い・ボーナス1回払いは、入会後6ヵ月以降に申請で利用可)
発行期間2~3週間

>> アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの申し込みはこちら

法人クレジットカード一覧表

当サイトで紹介している法人カードの一覧表。年会費や特徴の概要をまとめました。

法人クレジットカード一覧表

人気ランキング

注目のカード

定番人気!

まずはここから!基礎知識

タイプで選ぶ

紹介しているカードのリスト

サイト運営について