1. トップページ
  2. 個人事業主・自営業におすすめのビジネス用法人クレジットカード

個人事業主・自営業におすすめのビジネス用法人クレジットカード

個人事業主・自営業、フリーランスの人にとって、個人で使う私用クレジットカードと、ビジネス用のクレジットカードを別々に持っておくことは大きなメリットがあります。

ビジネス用と私用を分けておかないと、クレジットカードの明細書をみて「これは経費、これ私用、これはどっちだ??」のように、公私混同してしまい、経理処理がめちゃくちゃ大変になってしまいます。

ただ、ビジネス専用のクレジットカードを持っておけばこれらの複雑さは全て解決します。仕事用の経費はビジネス用カードで全て決済し、私用のものは個人用のカードで決済。このようにすれば公私混同が完全になくなります。また、ビジネス用法人カードは屋号名銀行口座からの引き落としが可能なので経費の管理が楽になります。

ここで不安になるのが審査のことです。
個人事業・自営業、フリーランスは、残念なことに社会的には信用力が低いと見なされてしまいがちです。でも、安心してください。ビジネス用クレジットカード(法人クレジットカード)は個人事業主でも起業してスグでも作成も可能です。経営歴も、業績もほとんど関係ありません。赤字でもたいていの場合は大丈夫です。

このページではそんな個人事業主・自営業の方におすすめのビジネス用クレジットカードを、審査基準と実用性の両面から判断し厳選して紹介しています。

ビジネス用と私用でクレジットカードを分けることのメリット

個人事業主・自営業、フリーランスの人が仕事専用のビジネスクレジットカードを持つ最大のメリットは「経費の支払いを完全に区別することができる」ことです。

仕事で発生する経費(交通費、宿泊費、ガソリン代、接待や会食など)の支払いをビジネス専用カードに分けることで、カード利用明細には経費分しか載りません。つまり、この利用明細さえあれば会計処理ができてしまいます。

もし、私用で使っているクレジットカードで、仕事の経費とプライベートの出費の両方を決済していた場合、利用明細書の中身はゴチャゴチャになります。仕事専用のクレジットカードを作れば一発で経費を把握することができるのでとてもスッキリです。経費処理の手間が何倍も楽になりますね。

ETCカードも発行できる

意外と便利なのが、ビジネス専用カードから発行するETCカードです。このETCカードを仕事で利用するクルマに挿しておけば、利用分はすべて仕事用クレジットカードから引き落とされます。

私用(プライベート)カードでの支払い:
公私混同する。どれが私的な利用で、どれが経費なのかわかにくく、会計処理や経費精算が面倒。

ビジネス専用クレジットカードでの支払い:
ビジネス専用クレジットカードで決済した分はすべて経費。公私混同がなくなり、会計処理(主に記帳)が楽になる。

経理業務も個人事業主、自営業者の大切な仕事のひとつです。ビジネス専用カードを導入するだけでこの業務が楽になり、あなたのお金を生み出す本業に集中できるようになるのは大きなメリットですね。

デメリットは、年会費が掛ること

ビジネス用のクレジットカードを持つ唯一のデメリットは年会費が必要ということ。
ただ、年会費といっても一般カードであれば1,500円~2,000円程度なので、それほど大きな負担にはなりません。ゴールドカードの場合、年会費は10,000円程度です。

また、ビジネス用カードの年会費は経費として計上することができます(勘定科目は「諸会費」を使うのが妥当)。ですから、デメリットとは言うものの、それほど重大な問題ではないでしょう。

個人事業主・自営業、フリーランスのカード入会審査は厳しくない!

個人事業のひとが一番ビクビクしてしまうのは入会審査に落ちてしまうのでは?ということですね。

残念なことに個人事業、フリーランスという業態は、社会的には信用力が低いと見なされてしまいがちです。自分の力でがんばってメシを食っているのに、そこら辺の中小企業のサラリーマンよりも信用力がないと判断されてしまうこともしばしば。悲しいですよね。

ただ、心配はいりません。

ビジネス用クレジットカードについては、個人事業主・自営業であってもそれほど審査が厳しいというわけではありません。

その証拠に、三井住友ビジネスカードfor Ownersというカードでは、「設立間もない企業さまにもご入会いただいております。」と明確に書かれています。

起業直後でも問題ありません。ということは、営業歴(経営歴・起業してからの期間)はほとんど審査において重要なポイントではないということになります。

また、起業直後でもOKということは、営業成績も関係ないということになります。まだ1度も確定申告をしていなくても大丈夫ということは、個人事業としての営業成績を重要視してないことと同じ意味ですよね。

では、何が重要なのか? 重要なのは「個人としての信用」です。たとえば、過去に別のカードで延滞があったり、キャッシング枠やリボ払い枠がパンパンに膨らんでいたりすると、あなた本人の信用が疑わしくなり、審査に通りにくくなります。

そんなことはほとんどないという場合は、個人事業主であっても審査に通りにくいということはほぼありません。

屋号付き銀行口座でも個人名銀行口座でもOK

個人事業主・自営業の場合、ビジネス用クレジットカードでの利用金額は屋号付き銀行口座でも個人名銀行口座でも引き落としすることができます。

このため、仕事用の銀行口座から引き落としされるように設定しておけば、経費と家計が混乱することはありません。

利用限度額(利用可能枠)は多めに設定。上限は100~300万円

経費の支払いに利用するクレジットカードですから、利用限度額はある程度多めに欲しいものです。個人カードのように、限度額が「30万円」では経費が多い月は安心できません。

そもそも仕事用として設計されているビジネス用カードの限度額の上限は100~300万円のものが多いのでこの点も安心です。

このように、ビジネス用のクレジットカードには大きなメリットがあります。
では、数あるクレジットカードの中で、どれが個人事業主・自営業、フリーランスの人にとっておすすめでしょうか。

おすすめは、オリコ EX Gold for Biz S

ズバリ、おすすめはオリコ EX Gold for Biz S(エグゼクティブゴールドフォービズ エス)です。「EX Gold for Biz S」は個人事業主専用のカードです。個人事業主、自営業の方も大歓迎という姿勢がうかがえます。実は個人事業主でも申し込みができるビジネス用クレジットカード(法人クレジットカード)他にもありますが、ここまで明確に個人事業主専用に作られているカードはあまりありません。

  EX Gold for Biz S
iD×QUICPay
対象 個人事業主・自営業・フリーランス
券面 オリコ エグゼクティブゴールドフォービズ
年会費 2,000円+税 (初年度無料
追加カード
(メンバー会員)
なし
ETC発行枚数 1枚
ETC年会費 無料
キャッシング機能 あり
電子マネー QUICPay・iDに対応
限度額 10万円~300万円
国際ブランド VISAMasterCard
海外旅行保険 2,000万円
国内旅行保険 1,000万円
ショッピング保険 最高100万円
ポイントプログラム オリコ「暮らスマイル」
EX Gold for Biz会員は利用金額スマイルに20%加算
支払い方法 1回払い、分割払い、据置き一括払い、半年賦併用払い、リボルビング払い

当サイトから新規申し込み・カード利用で最大4,000円相当のポイントプレゼント!(2018年3月31日まで!)

申し込みはこちら

オリコ エグゼクティブ ゴールド フォービズの詳細

クレジットカードブランドはVISAとMasterCardの両方から選択でき、どちらを選んでもお店で利用できないという心配がありません。

オリコ エグゼクティブ ゴールド フォービズの年会費は2,000円+税 (初年度無料)と大変リーズナブルで、高い年会費を払うことに抵抗がある人でも、これなら問題ないと思います。

更に、オリコがすばらしいのが、カードの申し込みあたって、所得証明書が必要ないという点です。(但し、キャッシング枠を希望の場合、カード会社の判断で所得証明書の提出を求められることがあります)。審査に必要なのは代表者の本人確認書類(免許証、パスポートなど)だけです。面倒な書類の準備が必要ないのでより簡単に申し込みができるのもうれしいですね。

カードの利用金額の支払いは「屋号+個人名義口座」「個人名義口座」のどちらとも選択することができます。

ショッピング利用可能枠(利用限度枠)は10万円~300万円 (審査により決定)と大きめの枠になる場合がほとんどで、経費の決済としても十分でしょう。

注意点としては、個人事業主向けに設計されている「EX Gold for Biz S」は、追加カード(オリコではメンバー会員という名称)の発行ができないことと、ETCカードが1枚までしか発行されない点です。従業員や仕事用のクルマが2台以上ある場合は他のカードを選択した方が良いのですが、そうでなければ必要十分です。

また、オリコのポイントプログラム「暮らスマイル」が貯まることも見逃せません。貯めたポイントはドコモポイント、AUポイント、楽天スーパーポイント、Yahoo!ポイントなどに交換できます。

また、商品券系では、アマゾンギフト券、JTBナイスギフト、図書カードなどに交換可能。

さらに、ANA,JALのマイルに移行することができます。(ANA:400スマイル=1,200マイル、JAL:400スマイル=1,000マイル)。

マイルに移行することができない法人クレジットカードが多い中、マイルに移行できるのは大きな魅力と言えます。

年会費の安さ、限度額の大きさ、ポイントプログラムの充実など、個人事業主、自営業者にとってオリコは必要十分のスペックのあるカードと言えます。審査基準も厳しいものではないため、起業直後の方でも安心して申し込む事ができます。ズバリ、オススメのカードです!

オリコの法人向けクレジットカード「オリコビジネスカードGold」

なお、オリコからは、法人用の「オリコビジネスカードGold」というカードも発行されています。

カードの最大限度額1,000万円、20枚まで追加カードの発行OKと、社員が10名以上いる中小企業にピッタリの法人クレジットカードです。ETCカードも20枚までOKとなっており、比較的社員数が多い会社向けの設計になっています。

  オリコビジネスカードGold(ゴールド)
券面 オリコビジネスカードGold(ゴールド)
年会費 2,000円+税(初年度無料
追加カード年会費 2,000円+税(初年度無料)、20枚まで発行可
ETC発行枚数 20枚まで可
ETC年会費 無料
電子マネー QUICPay・iDに対応
キャッシング機能 なし
限度額 10万円~1,000万円
国際ブランド MasterCard

初年度年会費(2,000円・税別)が無料(2018年3月31日まで!)

申し込みはこちら

オリコビジネスカードGold(ゴールド)の詳細

まとめ

いかがでしょうか。このページでは個人事業主、自営業者の方におすすめのビジネス用クレジットカードを紹介しました。どのカードも小さい規模で事業をしている個人事業主にとっては必要十分なスペックのあるカードです。また、できるだけ出費を抑えるために年会費の安いものを紹介しました。

私用のカードとは別に、ビジネス用のクレジットカードを持っておくと、公私混同することがなくなり、経理処理の効率化に繋がります。小さい規模でやっているからこそ、しっかりと管理すべきだと思います。

是非、ビジネス用に仕事専用のクレジットカードの導入を検討してくださいね!

法人クレジットカード一覧表

当サイトで紹介している法人カードの一覧表。年会費や特徴の概要をまとめました。

法人クレジットカード一覧表

人気ランキング

注目のカード

定番人気!

まずはここから!基礎知識

タイプで選ぶ

紹介しているカードのリスト

サイト運営について