1. トップページ
  2. 法人クレジットカード一覧
  3. 楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカードを徹底分析

このカードは楽天プレミアムカードの「追加カード」として会社経営者・個人事業主の方が契約することができるビジネス専用カードです。

ビジネス用カードなので引き落とし銀行口座は法人口座(個人事業の方は個人口座)になり、公私の区別をキッチリと付けることができます。

ビジネスカードで貯まったポイントは個人用カードに集約できるというメリットもあります。

  楽天ビジネスカード 楽天プレミアムカード
券面 楽天ビジネスカード 楽天プレミアムカード
年会費 2,000円+税 10,000円+税
追加カード年会費 家族カード5,000円+税/枚
ETC発行枚数 発行枚数制限無し
ETC年会費 1枚目無料、2枚目以降500円+税
限度額 両カード合わせて最高300万円
国際ブランド VISA VISAMasterCardJCB

>> 楽天ビジネスカードの申し込みはこちら

いきなりですが、注意点から。
この楽天ビジネスカードは単体では発行することができないカードです。

個人用クレジットカードである楽天プレミアムカード(←楽天カードの上位カード・ゴールドカードの位置づけ)を持つ経営者、個人事業主の方に対してビジネス専用カードとして「楽天ビジネスカード」を追加で発行してくれます。

楽天プレミアムカードを持っていない人は、ビジネスカードと同時に個人用の楽天プレミアムカードを申し込む必要があります。

ですから、楽天ビジネスカードを法人用クレジットカードに選んだ場合、結果的に、個人用の「楽天プレミアムカード」とビジネス用の「楽天ビジネスカード」の2枚が手元に来ることになります。

ビジネスカードはあくまで「追加カード」なのでそれほど大きな特徴がなく、主役は特典がモリモリ付いた楽天プレミアムカードになります。

両カードがセットになった魅力を把握しないと意味が無いので、このページでは「楽天ビジネスカード」だけでなく、親カードである「楽天プレミアムカード」の特徴についても解説していきたいと思います。

楽天ビジネスカード

まずは楽天ビジネスカードから。

楽天ビジネスカードの引き落としは口座は法人口座を指定

冒頭でも書いたとおり、このカード単体は楽天プレミアムカードの追加カードとして取得するわけですが、ビジネス用カードなので引き落とし口座は法人名義の預金口座(個人事業主の方は個人口座)になります。

個人用の楽天プレミアムカードは個人名義の銀行口座からの引き落としになるので、この時点でまず銀行口座がきれいに区別されます。利用明細も当然別々に発行されます。

これにより会社用の経費と個人用のショッピングはキッチリと区別することができます。

ETCカードは1枚目無料、2枚目以降500円(税抜)の年会費が必要

楽天ビジネスカードではETCカードを1枚無料で発行することができます。もっと枚数が欲しいという場合は、2枚目以降500円(税抜)の年会費を支払えば何枚でも発行可能です。

ただ、、何枚も発行するとなると、その分年会費が掛かってしまうので、
もし複数枚ETCカードを発行することが一番の目的という方はJCB系法人カードのようなETC年会費が無料で無制限に発行してくれる カードを選んだ方がお得だと思います。

ポイントは個人ポイントに集約できる!

ポイントプログラムは楽天ポイントになります。

ポイントが貯まる条件は100円のカード利用につき1ポイントが貯まり(還元率1%)、貯まったポイントは楽天市場の他楽天ブックス、楽天トラベルなどで1ポイント=1円として利用できます。楽天ビジネスカードの利用でもこの条件でポイントが貯まります。

このポイントなのですが、楽天ビジネスカードの利用で貯まったものも「楽天プレミアムカードの楽天スーパーポイント口座(個人用)」に貯まるようになって設計されています。
つまり、経費の支払いで貯めたポイントも個人用に集約されるというわけです。

これはメリットとして考えて良いでしょう。
経費の支払いでポイントを貯めて、貯まったポイントは楽天市場で個人用として好きなものを買うこともできるわけですからね。もちろん、貯めたポイントで事業用の備品を買うことも、出張で使うホテルの宿泊費にあてることもできます。

楽天ポイントの良いところは、最低1ポイントから利用できる事と、何でも売ってる楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルなど楽天グループで使えるので、欲しいものがなくて使い道が無いとか、使える最低単位まで貯まらず期限切れになるという心配が無く、使い勝手が良いことです。

VISAオンリーです

楽天ビジネスカードで選べる国際ブランドはVISAのみで他のブランドは選択できません。
(後述する楽天プレミアムカードはVISA、Master、JCBの3つから選択できますが、追加カードのビジネスカードはVISAだけ。)

VISAしか選べない代わりに、、と言ったら間違いだと思いますが、ビジネス用VISAカードの定番サービス「VISAビジネスオファー」の特典が付いています。

支払方法は「1回払い」だけ

ひとつだけ注意点があります。
楽天ビジネスカードで決済する時、支払方法は「1回払い」にしか対応していません。
2回払い、分割払いなどには未対応なので高額商品を購入するときには自社のキャッシュフローを気に掛けるようにしてください。

※後述の楽天プレミアムカード(個人用)は1回払い、2回払い、分割払いに対応しています。

年会費は2,000円(税抜)

楽天ビジネスカード単体の年会費は2,000円(税抜)です。
これだけ見ると安く感じますが、実際は個人用の楽天プレミアムカード(年会費10,000円・税抜)も同時に持つことになるので、実質合計12,000円(税抜)が必要になります。

楽天ビジネスカードの解説はこれくらいにして、
特典がたくさん付いた親カード「楽天プレミアムカード」の特徴を見ていきたいと思います。

楽天プレミアムカード

このカードはCMでもおなじみの「楽天カード」の上位版、ゴールドの位置づけになります。
ゴールドカードなので付帯する特典はかなり充実しています。

ポイント獲得条件は100円のカード利用で1ポイント(還元率1%)です。プレミアムカード会員には特典があり、自分の誕生日月は楽天市場での利用でポイントが3倍貯まります。つまり、100円のカード利用で3ポイント(還元率3%)になります。更にもうひとつ、「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」と用意された3つのコースから1つ選択でき、選んだコースに含まれるところでカードを利用したとき獲得ポイントが1%加算されます。

こちらはビジネスカードのVISAオンリーではなく、VISA、Master、JCBの3つから国際ブランドを選択できます。楽天プレミアムカードの年会費は10,000円(税抜)。

プライオリティパスプレステージ会員(年会費$399)が付いてくる!

このカードに付帯するサービスの中でも目玉はプライオリティパスです。

プライオリティパスとは世界100カ国以上、300以上の都市・地域で600ヵ所以上の空港ラウンジが利用できる会員制サービスのことを言います。プライオリティパスの会員であれば航空会社、搭乗クラスに関係なく、世界中の空港で提携先ラウンジを利用することができます。

「ん?空港ラウンジなら他のゴールドカードの特典にも付いてないか?」と思った方もいるかもしれませんが、ほとんどのゴールドカードの特典として付いている無料で使える空港ラウンジはあくまで「国内」。世界の空港のラウンジとなるとプライオリティパスがないと利用できません。

このプライオリティパス、実は年会費がメチャクチャ高くて、1年に何回でも無料でラウンジを利用することができる最上級のプレステージ会員はナント399USドル!1ドル100円で計算すると約40,000円もします。

楽天プレミアムカードにはこのプライオリティパスプレステージ会員の資格が付帯します。

年会費10,000円(税抜)のカードなのに399ドルの特典が付いてくるわけで、特に海外への出張がある方にはとても魅力がある特典だと思います。

管理人もプライオリティパスを持っていますが、少し前に出張で香港に行った時に香港国際空港で利用したラウンジは快適そのもので、出発までの待ち時間にもノートPCで仕事ができたのは助かりました。(プライオリティパスについては「プライオリティパスを解説してみる」の項を参考にしてください。)

※プライオリティパスが特典として付く法人クレジットカードは他にセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費20,000円+税)、JCBプラチナ法人カード、招待制ですがアメックス・ビジネス・プラチナ(年会費130,000円+税)があります。

国内25空港でラウンジが無料で使える

国内の空港ラウンジも利用できます。
ゴールドカードですから、定番の国内空港ラウンジ無料利用サービスも付帯しています。
国内主要25空港が対象になっています。これは定番特典ですね。

その他、海外・国内旅行傷害保険の補償額は最高5,000万円(自動付帯)。
Hertzレンタカーを会員価格で利用できるなど豊富な特典が付いています。

まとめ

すごく長く書いたので、最後にまとめたいと思います。

法人用に楽天ビジネスカードを契約したい人は、個人用に楽天プレミアムカードも契約しておく必要があります。ビジネスカードは追加カードとしてのみ発行することができます。
結果として2枚のカードを持つことになり、年会費は親カードの楽天プレミアムカードが10,000円(税抜)、法人用の楽天ビジネスカードが2,000円(税抜)、合計で12,000円(税抜)になります。

ビジネスカードを使う事で貯まったポイントも個人のポイントに集約されるので経費として使った分で貯まったポイントで個人用の好きなものを購入することもできてしまいます。

プレミアムカードに付帯するプライオリティパス(プレステージ会員・通常年会費399ドル)の特典だけでも年会費は十分ペイします。だだ、これは海外出張がない方にはどうでもいい特典。。

どっちのカードで何を買っても100円で1ポイント還元される優れた設計なので、メリットのあるカードだと思います。ただし、個人用のカードも契約しないと持てないというところがネックかもしれませんね。

>> 楽天ビジネスカードの申し込みはこちら

最後にカードのスペックをまとめが、楽天ビジネスカードの場合、楽天プレミアムカードとセットで持つことになりますから、両カードの特徴を全部合わせて検討してみてださいね。

  楽天ビジネスカード 楽天プレミアムカード
券面 楽天ビジネスカード 楽天プレミアムカード
年会費 2,000円+税 10,000円+税
追加カード年会費 家族カード5,000円+税/枚
ETC発行枚数 発行枚数制限無し
ETC年会費 1枚目無料、2枚目以降500円+税
限度額 両カード合わせて最高300万円
国際ブランド VISA VISAMasterCardJCB
海外旅行保険 最高5,000万円
国内旅行保険 最高5,000万円
ショッピング保険 最高100万円
ポイントプログラム 楽天ポイント(100円=1ポイント)
楽天ビジネスカード利用で貯まったポイントは個人ポイントとして利用可。
支払い方法 1回払い 1回払い、分割払い、据置き一括払い、半年賦併用払い、リボルビング払い
ゴールドカード特典
  • プライオリティパス
  • 旅行傷害保険:海外最高5,000万円、国内最高5,000万円(自動付帯)
  • ショッピングガード保険(国内/海外)年間300万円まで補償
  • 空港でのラウンジ利用が無料

>> 楽天ビジネスカードの申し込みはこちら

法人クレジットカード一覧表

当サイトで紹介している法人カードの一覧表。年会費や特徴の概要をまとめました。

法人クレジットカード一覧表

人気ランキング

注目のカード

定番人気!

まずはここから!基礎知識

タイプで選ぶ

紹介しているカードのリスト

サイト運営について