1. トップページ
  2. プライオリティパスについて解説してみる

プライオリティパスについて解説してみる

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カード や楽天プレミアムカード、JCBプラチナ法人カードの特典としてついてくるプライオリティパス。

世界中の600カ所以上の空港ラウンジを無料で利用できる会員制サービスなんですが、海外出張が多い経営者の方にとってこのプライオリティパスとても魅力があると思います。

このページでは「プライオリティパス」はどこで使えて、どんなサービスが受けれるのか?ということをまとめてみました。

管理人が香港国際空港のラウンジを利用した体験談も掲載しています。
プライオリティパスに興味がある、海外にいくことが多い経営者・個人事業主の方には是非読んでもらいたいと思います。

プライオリティパス
管理人もたいへん便利に感じているプライオリティパスです!

プライオリティパスってどんなサービス?

まずは、プライオリティパスがどんなサービスなのかということから。

簡単に言うと、
世界100ヵ国300以上の都市にある空港で600以上のラウンジを利用できるサービスです。

プライオリティパスを持っていれば世界の空港のすべてのラウンジも利用できるのかというと、そういうわけでも無くプライオリティパスが提携しているラウンジのみが対象になります。

ただ、世界の主要都市にある空港のラウンジとはほぼ提携しているので、会員になったものの使えるラウンジがが無いじゃないか!という事態になることはないはずです。

「ゴールドカードについている空港ラウンジサービスとの何が違うのか?」ですが、ゴールドカードやプラチナカードの特典で利用できるのは国内空港のラウンジです。

海外の空港ラウンジは無料で利用でできる対象になっていない(もしなっていてもごく一部の空港だけ)ので、世界中の空港を対象にしたプライオリティパスとは違うモノになります。

プライオリティパスで使えるラウンジがある空港は?

どの空港で利用できるかは、プライオリティパスの公式サイトで確認することができるのですが・・・メチャクチャ見にくいです(汗)

公式サイト:http://www.prioritypass.jp/

あまりに見にくくて動作が遅くて、こんな公式サイトで良いんだろうか?
と本気で疑問に思ってしまいます。。。

プライオリティパスについて専門的に解説している「プライオリティパス完全ガイドさん」の方が圧倒的に見やすいので、このサイトを参考にした方が良いと思います。(左側のメニュー中段くらいに「プライオリティパスが使える空港」というコンテンツがあり、地域別に利用できる空港がリスト化されています)

会員グレードと年会費について

次はプライオリティパスの会員グレードと年会費についてです。

会員のグレードは3つ用意されています。
最上級のプレステージ会員、スタンダードプラス会員、スタンダード会員です。
違いは、1年間に無料でラウンジを利用できる回数。

分かりやすいように表にまとめました。

グレード 1年間に無料で利用できる回数 年会費 同伴者の利用料
プレステージ会員 制限なし 399ドル 27ドル
スタンダードプラス会員 年間10回まで無料 249ドル
スタンダード会員 0回。1回毎に27ドル 99ドル

「プライオリティパスが特典としてついている」と言っても、グレードが低いスタンダード会員だったら都度利用料金がかかるのであまりメリットがないわけですが、どのカードも特典として付けてくれているのは最上級のプレステージ会員。

上記表のとおり、プレステージ会員は「年間利用回数の制限なし」つまり、1年に何回でも無料でラウンジを使う事ができるグレードです。

デカい空港なら1つの空港の中に、プライオリティパスで利用できるラウンジが2つ3つあることもありますから、もし出発までの時間をもて余しているようなときは、いくつもラウンジ巡りをすることもできます。そんな事する人はあまりいないと思いますが(笑)、やろうと思えば無料でできますよということで。

プレステージ会員にまともになろうとすると、年会費は399ドルも掛かります。
1ドル100円で計算すると日本円で4万円弱!メチャクチャ高いですよね!

これは管理人の推測ですが、こんな高いお金をまともに払ってプライオリティパス会員になっている人はほとんどいないと思っています。だって、特典として付いてくるクレジットカードのほうが断然安く手にすることができるわけですからね。

同伴者は有料・・・

残念なのはプライオリティパスで利用できるラウンジは、同伴者がいた場合、その方は有料になってしまうとこと。会員本人は無料ですが、それ以外の方は都度利用料金27ドルが必要です。

もし社員さんや奥さまなどいつも同行する方がいて、毎回27ドルなんて払いたくないのであれば、その方もプライオリティパス会員になっておく必要があります。追加カードを発行したらイケるんじゃなの?と思って調べてみたのですが、これまた残念な事が判明・・・。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス、JCBプラチナ法人カード、楽天プレミアムカードともに、追加カードに対してはプライオリティパス特典が付きません。本会員だけは対象です。

唯一、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナカード(招待制)は各カードに対してプライオリティパスが付いてきますが、招待制なので今すぐ申し込むことはできません。

なので同伴者がいる場合は、27ドル払って利用するしかありませんね。

ラウンジではどんなものが提供されるのか?

ラウンジごとに提供されるサービスに違いがあるので一概には言えないのですが、ゆったりとしたスペース、Wifi回線、ビール・ワイン・ジュースなどのドリンク、サラダ、サンドイッチ、パンやお菓子などの軽食、シャワーが完備されているところもあります。このページの下の方に管理人は香港国際空港でラウンジを利用したレポートを載せているのですが、スペースは広く、軽食、ドリンク類が無料でシャワールームも完備でした。

公式サイトには「ほとんどのラウンジには、電話、ファックス、電子メール、インターネット接続の設備が整っており、会議室を備えたラウンジもある」と説明があります。

とても快適な空間なので、特に海外出張が多い経営者の方にはメリットありありだと思います。

空港での待ち時間ほど退屈な時間はありません。
この時間をゆったりとしたソファーで軽食を楽しみつつ、ノートPCで仕事することもできるのは快適そのものです。

管理人の香港国際空港での体験

管理人もプライオリティパスを持っていて、飛行機出発までの待ち時間をラウンジで過ごすことができることの快適さを実感しています。

2013年10月の香港出張の時、香港国際空港のプライオリティパス提携ラウンジである「PLAZA PREMIUM LOUNGE」を利用しましたので紹介したいと思います。


ゆったりとした落ち着いたスペースにたくさんのソファが並んでいます


ビールも無料で提供されています。ちょっとシャレて黒ビールをいただきました。
他にもワインやジュース、サンドイッチやサラダ、パスタなども無料でした。

余裕で100人以上収容できる大きなスペースでゆったりしているのですが、利用者が多くて写真を撮るのに躊躇してしまいこれだけしか撮っていませんでした(汗)このサイトを運営していて、ユーザー様に情報提供したいなと思っていたのですが、、甘いですね、私w

ただこれだけは言えるのは、間違いなく快適!ってこと。

出発までのたったの1、2時間かもしれませんが、無料で提供される軽食やドリンクをつまみながら、ノートPCでメールメールチェックや仕事ができるのは快適そのものでした。

管理人は年に1,2回出張で海外に行く程度なのですが、こんな私でも手放せないくらい快適さを感じているので毎月1回は海外で仕事があるというような方は絶対に利用されるべきだと思いますね。

プライオリティパスが特典として付いてくる法人クレジットカード

最後に、こんなステキなプライオリティパスが特典として付いている法人用クレジットカードをまとめておきます。

ビジネス向け法人カード

  1. セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  2. JCBプラチナ法人カード
  3. 楽天プレミアムカード(※これは個人用カードですが、楽天ビジネスカードの親カードなのでビジネスカードとして掲載します)
  4. アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナカード(招待制なので自分で申し込むことはできません。欲しい方はアメックス・ビジネス・ゴールドを先に取得して実績を積んでください)

この4枚がプライオリティパスの特典が付くビジネス用クレジットカードになります。

もしプライオリティパスが付いてくることに重きを置いて選びたいのであれば、これらのカードの中から選択してください。管理人のオススメは年会費が比較的リーズナブルでプライオリティパスだけでなくその他のサービスも充実しているセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスです。

法人クレジットカード一覧表

当サイトで紹介している法人カードの一覧表。年会費や特徴の概要をまとめました。

法人クレジットカード一覧表

人気ランキング

注目のカード

定番人気!

まずはここから!基礎知識

タイプで選ぶ

紹介しているカードのリスト

サイト運営について