1. トップページ
  2. 運営者情報
  3. アメックス・ビジネス・ゴールドをメインで使っています

ウチのメインカードはアメックス・ビジネス・ゴールドです

弊社の法人用メインカードはアメックス・ビジネス・ゴールドです。

ウチがアメックスを選んだ理由について書いてみたいと思います。

アメックス・ビジネス・ゴールドを候補にされている方には参考になると思いますので是非読んでみてください。

アメックス・ビジネス・ゴールドを使ってます

法人カードが欲しくなったいきさつ

管理人が法人用のクレジットカードが欲しいと思ったのは2009年の事でした。
この年の2月に法人化して株式会社にしたのですが、法人化のタイミングで個人事業からの引き継ぎ、名義変更、会社と個人の切り分けなどいろんな意味で面倒でした。

特に顧問税理士さんから言われたのが
「会社と伊藤さん個人は全く別物と意識して、ちゃんと区別するように!」という事。

「個人でも法人でも全部僕のお金だし、名義が違うだけで僕の物」と考えていたのですが、普段から 法人と個人はキッチリ分けておかないと決算のときに大変になるというアドバイスでした。

個人事業主の頃から経費の決済や仕入れはできる限りクレジットカードを使う習慣にしていました。法人カードなどありませんから、個人用のJALカードでした。旅行が趣味なのでマイルが貯まるし一石二鳥と考えていたんですね。

個人カードの明細書

個人カードの明細書から個人利用分をマジックで消して、法人利用分だけを残していました

法人化してもしばらくは個人のJALカードで会社の経費を決済していたのですが、経費精算をするための領収書やら明細書の整理でメチャクチャ面倒だと言うことに気づいたんです。

どういうことかというと、経費として計上する場合、何にいくら使ったという証拠書類が必要なわけですが、領収書がでない場合、証拠となる書類として個人のクレジットカード明細が必要になることがあるんですね。

これを毎月毎月コピーして、個人利用分をマジックで消して、会社の経費として使った分だけ根拠として残す。。。マジめんどくせーです。

こんなのやってられないと思って、顧問税理士さんに相談したところ「法人クレジットカード」というものを教えてくいただきました。←それまで存在すら知りませんでした(汗)

JCB法人カード撃沈。アメックスしかないと教えられる

その当時、僕はそれなりに一生懸命どんなカードが存在するのか調べて、とりあえずJCB法人カードとアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードの2枚があることはわかりました。(当時はオリコカードなど他のカードを見つけることができませんでした)

まわりの先輩経営者たちに人気だったのは断然アメックス。
まぁ、ステータスもあるし格好いいから・・・だったんでしょうね。
うらやましかったものの、法人化してスグの僕は審査に通るわけはないと思い込んでいたことと、年会費27,300円と高いのが引っかって選択肢にすらはいりませんでした。

できる限り年会費は安い方が良いという考えていたのでJCB法人カード(一般カードです!)が良いなと第一候補に挙げました。ポイント制度も良いし年会費も安い。今の僕にはこれがピッタリ!と意気揚々と申し込んだのですが、結果は・・・撃沈。

マジかよ?でした(笑)

その後、ほかのカードも検討しましたよ。
ライフ法人カードとか、NTTグループ法人カードとか。。
調べても法人用はポイントが貯まらないとかでそんなにメリットが感じられないことと、
「また審査に落とされるんじゃないの?」という漠然とした恐怖で申し込めませんでした。。

そんなことを先輩たちに相談すると、

「あーー、設立1年目でしょ?個人事業から3年やってるとしても落とされるときは落とされるよ。何も考えずにアメックスにしなよ。設立初年度からOKなカードの代表だからたぶん審査通るよ。年会費はちょっと高いけどポイントはマイルへも移せるし、サービスは最強だから。」とアドバイスをもらうことができました。

は?!アメックスって"選ばれし者"しか持てないんじゃないの??

と思っていた僕には衝撃でした。
あのアメックスが実は設立して間もない経営者・事業主の強い味方だということに。

その時の僕の感情。

「オレでもアメックスホルダーになれるの?僕でもいけるの??
この際、年会費は目をつぶろうか・・・。すごい!」

↑アホですよね(笑)ブランド好きのヤンキーじゃあるまいし、、
と、思いつつ、僕はそのままアメックスの申し込みをしたんですけど(汗)

・・・・・・・・・・・・・・

結果はすんなりクリア。
ほんと拍子抜けです。

審査に落ちることに恐怖していたのが何だったんでしょ?というくらいあっけなく審査パス。

申し込んでから約2週間でカードが届きました。
法人化したのが2009年で、アメックスが手元に来たのは年をまたいで2010年。
厳密いうと設立2年目でアメックス・ビジネス・ゴールドを手にした事になります。

こんな経緯で弊社のクレジットカードはこれになったわけです。

アメックスのデポジット機能が便利だった

はじめて法人用のクレジットカードを手にしたわけですが、
一番良いなと思ったのは法人と個人の区別がハッキリすることですね。

経費として決済したものだけが明細書に載っていて、直接会社の口座から引き落とされるので自動的に公私の区別が付きます。今までがんばってきたマジック消しもいらなくなりました。

そして、アメックスにして良かったなとも実感できています。
カードの詳細はこちらをご覧いただくとして、弊社にとって一番のメリットはアメックスだけの「デポジット」機能です。

デポジットとは、あらかじめアメックスにお金を振り込んでおくとその分が限度額にプラスされて決済することができる機能。これ、アメックス以外のカードには付いていません。

限度額を考えてみる」でも書きましたが、ウチの場合、アメックスを契約した直後は限度額30万円でした。さすがこれだけしか枠がないと厳しかったのですが、デポジットを使う事でスムーズに決済を続けることができました。

まぁ、、クレジットカードのメリットの1つ、「支払いサイトを伸ばしてキャッシュフローに余裕を持たせる」ということは全くできていないのですが・・。

何でこんな事をしたかというと、単純にポイントを貯めたかったから。正確にはマイルが欲しかったから。高い年会費の元を取りたかったので、アメックスポイントを貯める事ばかり考えていました。

限度額が小さかった当時、その一番の方法がデポジットだったわけです。
その月に使いたい金額をあらかじめアメックスの口座に振り込んでおけば確実にその分決済できてアメックスポイントが貯まる。

貯まったポイントはマイルに移行できる。

出張でたまに飛行機に乗るのですが、国内なら13,000マイルあれば往復航空券に交換できます。アメックスポイントは100円=1ポイント=1マイルで移行できますから、単純計算で130万円の利用で国内1往復分のチケットが手に入るわけです。
海外なら一番近い韓国あたりで15,000マイル、香港などは21,000マイルです。(2013年10月時点での情報です。最新情報は各航空会社のサイトで確認してください)

現金払いや銀行振込だと絶対にない特典の魅力を思いっきり享受することができました。

他にもアメックスの魅力で書きたいことは色々あります。

デスクの対応もすばらしく、接待で使うお店の予約やゴルフ場の手配もスムーズにしてもらえます。旅行傷害保険の内容もとてもよくて、自分だけじゃなく家族まで補償される設計です。

至れり尽くせりの内容で大変気に入っています。

追記:アメックス・ビジネス・カード(グリーン)に切り替えました

アメックスビジネスゴールドはとても気に入っていて、今でも大好きなカードですが、もっともベーシックなアメックス・ビジネス・カード(グリーン)に切り替えました。

法人クレジットカード一覧表

当サイトで紹介している法人カードの一覧表。年会費や特徴の概要をまとめました。

法人クレジットカード一覧表

人気ランキング

注目のカード

定番人気!

まずはここから!基礎知識

タイプで選ぶ

紹介しているカードのリスト

サイト運営について